健康長寿命住宅にこだわって、米田木材が提案するのは「外断熱エアサイクル工法」です。
富山県下No1の実績を誇る当社では、施工からすでに25年以上にわたる長年の実績があり、安心してお任せいただけます。

外断熱エアサイクル工法は、日本の木造軸組工法(在来工法)を基本に、家全体を外側から断熱。
壁、小屋裏、床下に空気が循環する連通空間をつくり、冬は暖気、夏は涼気を通わせることで、住まいを快適に保つシステムです。
太陽光や空気など自然エネルギーを利用して、寒さや暑さをやわらげるのはもちろん、
湿気を拡散させ温度差を少なくすることで、結露・カビ・ダニ・白アリなどを防ぎ、木を長持ちさせます。

夏は、涼しさが駆けめぐる、
パッシブクーリング

夏は小屋裏換気口と床下換気口を開き、床下→壁→小屋裏と連通いした空気層に涼しい風を取り入れます。

冬は、暖かさを包み込む、
パッシブヒーティング

昼の太陽エネルギーを十分に取り入れることで、空気循環によって暖かくなった空気が流れます。

昼は放熱と遮熱

熱せられた空気は上昇気流となって、小屋裏の換気口から屋外へ放出されます。また、床下の換気口から取り込んだ涼しい風が、築冷機能によって夜間に蓄えられた冷気とともに上昇し、壁内部の温度上昇を軽減します。

夜は集冷と畜冷

小屋裏と床下の換気口から涼しい外気を取り入れ、家全体を冷気で包みます。夜間に取り入れられた外気は、床下の地熱をはじめ、壁・天井などに蓄えられます。

昼は断熱と蓄熱

小屋裏と床下の換気口を閉じて、冷たい外気の浸入を遮断します。閉じられた床下・壁・小屋裏の連通空間の中で、太陽熱によって動く空気の流れをつくり出し、建物全体を暖かい空気で包みます。

夜は放熱と断熱

日が落ちて外気温が下がると、家のまわりに施工された断熱材が効果を発揮し、室内の熱が逃げるのを防ぎます。また、昼間に蓄えていた放熱や輻射熱を利用して、建物全体を暖めます。

動く空気で健康住宅。赤ちゃんやお年寄りにもやさしい家

Point 1部屋ごとの温度差(ヒートショック)をなくす。

家の中に温度差があると、温かい部屋から冷たい部屋へ移動したときに血圧が上がったり、脳卒中を起こしたり、健康な人でも風邪をひくことがあります(冬のヒートショック) 。とくに赤ちゃんやお年寄りには、温度差は相当身体にこたえます。エアサイクルの家は、太陽があたる部屋の暖かさを冷たい側へ、日中の暖かさを夜間にまわし、温度差の少ない快適な住まいをつくります。

断熱不足の家

暖房中でも床面の温度は16〜17℃。足から熱が逃げます。

エアサイクルの家

暖房中で床面は22度。保湿性が高く最適です。

Point 2アレルギー疾患を招くカビ、結露をふせぐ。

冬の結露の原因として、(1)建物の気密化 (2)壁や窓の断熱化の遅れ (3)開放型ストーブの使用などがあります。結露した個所にカビが発生すると、カビを栄養源とするダニが繁殖し、ホコリと一緒にカビの胞子を吸い込むことによりアレルギー性小児ぜんそくなどが引き起こされることがあります。エアサイクルの家では、動く空気で湿気を拡散させ壁内結露を防ぎ、カビやダニを発生しにくくし、アレルギーに弱いお子さまも安心して暮らせます。

高品質の部材が住まいの要

エアサイクル工法を支えるパーツのひとつひとつが画期的に進化したオリジナルのシステム部材です。
米田木材では、プロフェッショナルな目で厳しくチェックし、確かな技術で施工を進めていきます。

屋根断熱材「シャールーフ」

夏にはエアサイクル層を利用した、上昇気流を小屋裏換気口から排熱・排湿するとともに、屋根断熱材「シャールーフ」でも遮熱する複合構造です。

1.アルミシートで輻射熱を反射させ、通気層で排熱

【遮熱】 + 【排熱】 + 【断熱】 のトリプル効果

2.屋根通気で排湿

屋根通気層には、湿気を排除する効果があり、野地板の湿気を抑えることで、蒸れによる劣化を軽減します。

3.小屋裏の換気口を開閉

小屋裏が直接外気に影響を受けないよう冬期には、換気口を閉じて、断熱・気密を確実に確保します。夏期は、小屋裏換気口を開けて、上昇気流を利用した小屋裏換気(排熱・除湿)を図ります。

通気土台パッキン「天端25R」

土台を基礎に直接触れさせないので、基礎コンクリートの水湿分を土台が九州することなく腐朽を未然に防止し、耐久性を向上させます。

換気材「エアオープナー」

季節に応じて換気口を自動開閉させ、空気の流れを作り出します。主に夏は開いて排熱効果を、冬は閉じて保湿効果を高めます。

外張り断熱材「Cmボード」

内側にダイヤカットと呼ばれる通気用の溝(凸凹)を設け、壁の中の空気を淀むことなく上下左右に動かすことがポイントです。
また、湿気を拡散させることで柱や梁などの構造材に空気を触れさせ、常に乾燥を保ちます。